あなたの投票が決める社会貢献
夢の貯金箱

日本財団夢の貯金箱Facebook

あなたが創る夢のプロジェクト

100万円以上のご寄付の場合、(現在実施している事業から)寄付金の活用先を指定したり、またはオリジナルの基金をつくることができます。ノウハウを持った日本財団職員が、ご希望の事業等の相談に乗り、あなたが思い描く、あなただけの夢のプロジェクトを一緒につくります。ご関心がある方は、まずお電話にてご相談ください。

art_03

事例1 あなたが創る夢のプロジェクト:個人寄付者の例

【君和田桂子基金】

2005年10月に、故君和田スイさんの遺産相続人である三姉妹より、夢の貯金箱に寄付された3,000万円をもとに、(公財)笹川記念保健協力財団の下に設置した基金です。
基金の名称は、故君和田スイさんのひとり娘であった君和田桂子さんが、念願の看護師勤務を目前に不慮の交通事故死を遂げられたことから名づけられました。患者の痛みや症状を緩和し、家族との最後の時間を、その人らしく生きていくことを支えるホームホスピスに役立てられています。

事例2 あなたが創る夢のプロジェクト:企業の例

【お仕事スタート応援積立金】

児童養護施設を退所し、一人立ちしたものの、行き先が定まらない子どもたちが多くいるのが現実です。そういった子どもたちが自立を目指し入る場所が、自立援助ホームです。子どもたちは自立援助ホームで日常生活の指導や就職支援を受けることができますが、就職するための自立資金は子どもたち自身で貯める必要があります。しかし、心に傷を抱えている子どもたちは、アルバイトに就くのも困難であるのが現実です。
「夢の貯金箱」は、株式会社ワイエスインターナショナル様より100万円をお預かりし、就職活動を行うための必要経費(スーツ購入代、交通費、理美容費など)や就職時に必要な物品(作業着・作業靴、研修参加費用など)を購入するための資金援助を行う基金をつくりました。援助された資金は、就職後に働いて稼いだ給与から、余裕が出た時に基金に返還する仕組みで、継続的に多くの子どもたちが支援を受けることができます。心の傷に負けず、前を向いて歩もうとする子どもたちの明るい一歩を応援します。

その他の寄付金プログラムこのページのTOPへ