あなたの投票が決める社会貢献
夢の貯金箱

日本財団夢の貯金箱Facebook

ゆめちょ物語

ページ:4 / 4

 実効性と経験知を重視したプログラム

人材育成プログラムでは、知識や技術的なこと以上にコミュニケーションスキルが重要だと考えています。それがあれば、自分にできないことがあったとしても、「できる人」と話ができる関係になる、とか「できる人を探してくれる人」を見つけることができる。支援活動に被災者の方々に参加してもらうこともできるんです。

たとえば避難所で炊き出しをするときにも、できあがるまで被災者の方々を待たせるんじゃなく、道具と材料を持ち込んで「すみません、手伝ってください。みんなで作りましょう」と言うと、被災者の方々も生き生きしてやってくれるんですよ。そういう発想、コミュニケーションを、うまくエッセンスとしてプログラムにも取り入れていけたらと思っています。

また、私も含め災害支援に関わっている色々な団体の人間は、福祉系、法律、炊き出しのような技術的な部分など、それぞれに得意分野があります。ただ、外部支援者は現地に足りないものを補うという役割があるので、得意分野だけにかたよらず、スキルと能力をある程度標準化したいと思っています。

でも最終的に問われているのは「このプログラムを受けたうえで何ができるのか」。標準スキル・能力に加えて、自分のパーソナリティを生かしながら必要な支援を実際にできるのかが試されている。プログラムを受けたことがただのステータスになってしまわないように、最低一年くらいはかけて、もし災害が起きれば実際の支援活動を行って役割を果たせるかどうか確認をするプロセスが絶対に必要だと思います。同時に、日本財団がその育成した人材のクオリティを担保することによって、行政機関や社協など受け入れ側にとって信頼できる状態にしておくことも重要だと思っています。

 

支援者が、活動の目的に立ち戻れるように

今後、自分自身の役割も変わっていくでしょう。今までのように現場に入ることは少なくなり、大きい意味での仕組みづくりや、平時に周囲の人たちとどう繋がれるかに移っていくと思います。東日本大震災の復興支援活動でも、さまざまな被災地域のキーパーソンに会う機会がたくさんありました。独自に支援活動をしている団体や個人って、それぞれにポリシーがあるので周囲との関係が難しい場合もありますが、あまり私は、そりが合わないっていう人はいないんですよね。誰とでも話ができて、それぞれのポリシーを尊重しながら繋いでいくのが自分でも得意なのかなと思っています。

足りていないところに油をさしてうまく回っていくことで、被災された方々の一人一人が笑顔になることが、私の活動の一番の目的です。被災という悲しい出来事があったけれども、みなさんが一日も早く笑顔になれるように、災害があったけれども、いろんな人たちと知り合えてよかったと言えるようにしたい。これは自分自身に対しても戒めとして思っているんですが、「その先に住民の笑顔はあるのか?」というところに常に立ち返って、何のために支援活動をしているのかをみんなが忘れないように声をかけていくのも自分の役割だと思っています。


この内容について、あなたのご意見・ご感想をお聞かせください。

その他の寄付金プログラムこのページのTOPへ