プロボノでミッション実現に参画しよう

「プロボノ」とは

社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや経験を活かしたボランティア活動のこと。

 

語源はラテン語「公共善のために」

Pro
Bono
Publico
For
Good
Public
プロボノプロジェクトの実施風景
サービスグラントが運営するプロボノプロジェクトでは、さまざまなスキルを持つ4~6人のプロボノワーカーが1つのチームを組んで、NPO等の課題解決に取り組んでいきます。

プロボノとは?

「プロボノ」とは、仕事で培った経験・ノウハウ・ビジネススキル等を活かしたボランティア活動のことです。
プロボノは、社会課題解決に取り組むNPOにとって、貴重なサポートとなるだけでなく、プロボノとして関わる社会人にとっても、自信のスキルを活かして社会に貢献することができ、ネットワーキングやスキルアップなどの貴重な機会ともなります。
プロボノとして活用できるビジネススキルは実に多様です。営業、マーケティング、広報、企画、開発、経理、人事、総務など、あらゆるビジネススキルがプロボノとして、NPO等の社会的セクターに大きな変革や課題解決をもたらすことができます。

資金とプロボノを組み合わせた支援

「ゆめちょ総選挙」の投票結果において、上位に輝いたミッションについては、2015年4月以後、その実現のための取り組みがスタートします。
その際、ミッション実現に向けたアプローチの大きな特徴は、自動販売機を通じて集まった寄付金を活用した資金的支援を行うことと並行して、プロボノによる支援を組み合わせ、より効果的な支援の実現を目指している点にあります。

例えば、ミッションの実現に向けて、購入すべき物品等の経費や、移動に伴い発生する交通費等は、寄付金により支援します。
同時に、ミッション実現に向けた取り組みの担い手となるNPO等が、その活動をより効果的に社会に発信していくためのウェブサイトや印刷物などの広報ツール、活動内容を効率化したり、水平展開する基盤となるマニュアルや帳票のひな形などの業務ツール、中長期的な視点に立った事業戦略など、お金で支援する以上にプロボノの方がより大きな成果が期待できる点に関しては、プロボノによる支援を組み合わせて実施していきます。

「夢の貯金箱」が目指すミッション実現のスタイル、それは、「お金の寄付」と「スキルの寄付(プロボノ)」とを有機的・立体的に組み合わせ、社会的効果を最大化することを目指しています。

まずは「説明会」そして「スキル登録」を

プロボノプロジェクトの運営に関しては、国内最大のプロボノ運営団体である特定非営利活動法人サービスグラントを連携パートナーとし、日本財団とサービスグラントとの協働関係のもとにミッションの実現を目指していきます。

「ゆめちょ総選挙」で選ばれたミッション実現に向けて、我こそは、プロボノとして関わっていきたい、と思う皆さまは、まずは、サービスグラントが開催する説明会にご参加ください。
説明会は、東京・大阪にて、毎月4回程度開催されています。参加費は無料です。まずはお気軽に説明会にお立ち寄りいただければ幸いです。スタッフ一同、皆さまのお越しを、心よりお待ち申し上げております。

プロボノ説明会のご案内

このページのTOPへ